主な医療機器

小栁記念病院では、病気の早期発見・早期治療などのために各種医療機器を揃えています。
下記の医療機器の検査・治療を受けることができます。

MRI(1.5T)超伝導磁気共鳴装置(平成26年8月新機種導入)

MRIとは強力な磁石で出来た装置の筒の中に入り、磁力と電波の力を利用して、体内の断面像をあらゆる方向から思いのままに、全身を診ることが出来る装置です。わずかな病変も見逃さない鮮明な画像は腫瘍等の早期発見や脳卒中の診断に威力を発揮します。
放射線を使用しませんので被曝の心配がなく、頭部、頚部の血管のスクリーニング撮影は、造影剤を使用せずに出来ますので、人体に悪影響を与えずに検査ができます。

主な検査

頭部、脊椎(頚、胸、腰)、四股の骨、全身の腫瘍

MRI(1.5T)超伝導磁気共鳴装置

マルチスライスCT(80列)(平成26年9月新機種導入)

CTとは体にX線を照射して透過したX線のデータをコンピュータで解析して体内を画像化する装置です。
当院ではマルチスライスCT(80列)を導入しており従来の装置に比べ高画質でありながら、被曝低減、検査時間の短縮が可能です。全身の精密検査が受けられます。
当院では、よりわかりやすく、高度な画像診断を得るためにワークステーションを導入しています。

主な検査

頭部、胸部、腹部、3D-CTA(血管精密検査)、全身の骨

マルチスライスCT(80列)

DSA(血管造影撮影装置)

DSAとは血管内に造影剤を注入する前と後のX線画像をコンピュータで解析して血管以外の骨を差し引く(サブトラクション)ことによって、血管のみをリアルタイムに描出する装置です。当院ではこのDSAでの透視下において、脳動脈塞栓術(エンボリ)を行っています。

※脳動脈瘤塞栓術は太ももの血管から細い管(カテーテル)を動脈瘤まで通し、プラチナで出来ている柔らかなコイルで脳動脈瘤を満たし血管の流入を遮断して動脈瘤の破裂を防ぐ方法です。
開頭せず治療が行えるため、患者さまの身体的負担が小さく済むのがメリットです。

DSA(血管造影撮影装置)

DR(デジタルX線透視装置)

DRとは従来のX線テレビ装置にデジタル画像処理コンピュータを組み合わせた装置です。
デジタル画像処理機能を用いて高画質な画像を提供します。

主な検査

食道、胃透視、消化管造影検査、ミエログラフィ

ポータブルX線装置

X線撮影室に来ることが出来ない患者さまの病室等に移動式ポータブルX線装置を持ち込んでX線撮影します。
患者さまはX線撮影室に移動しなくてよいので、患者さまの負担を軽減出来ます。

外科用イメージ装置

外科用イメージはX線テレビ装置を移動式にしたものです。主に骨折の手術の支援を行っています。

骨塩量測定装置

当院では予防医学推進の一環として〔骨粗鬆症〕の診断に有効な骨塩量測定装置を設置しています。
骨塩量測定装置は二種類の異なったエネルギーのX線を使い骨の強さを測定する装置です。
最近では急激な高齢化社会となり〔骨粗鬆症〕が大きな社会問題となっています。これは骨がもろくなる病気でちょっと転んだだけでも骨折してしまうことがあります。 特に女性の場合は閉経後、骨塩量が低下することが知られています。自分のからだの柱である骨が丈夫であるかを知ることが大切です。

当院は今後も患者さまに安心して検査・治療を受けていただけるよう取り組んでまいります。

0952-47-3255

FAX 0952-47-5101

〒840-2195
佐賀県諸富町大字諸富津230-2地図

診療時間
午前
09:00〜12:00
×
午後
14:30〜17:00
× ×

受付: 08:00〜17:00
休診日: 土曜日(午後)、祝祭日(午後)、日曜日、1月1日〜3日
急患の受け付けは休日・時間外も年中無休で対応しています。
来院される方は事前にご連絡ください。 TEL: 0952-47-3255(受付時間:年中無休)

※救急体制は、休日・時間外も年中無休で対応しております。